集合的無意識に近づきたい

社会の底辺で生きる高齢ド素人が《ミスiD》オーディションに応募した経過を綴ります。面白ネタも書きます。

ナンパしてきたおっさんの人生相談に乗ってあげた

「1万円でセックスしませんか?」

 

終電を逃してしまい、新宿駅の前に座っていた私にそう声をかけてきたのは、見た目40代後半のおっさんだった。

 

f:id:psylove:20170725014401j:plain

 ダサい茶色のアロハシャツに、キモい半ズボンを着ている。ギャグマンガ日和に出てくる聖徳太子並みの寂しい目が印象的である。何だこいつと思いながらも、会話を続けてみた。

 

 

 

私:1万円って何です? 相場調べたことありますか?

男:いや、ないですけど…。でも、僕、今まで3桁の人としたことあるんですよ。びっくりしました?満足するセックスしてあげれると思いますよ。

 

…私、いつも思うのですが、経験人数が多いことを自慢するのは、何の意味があるのでしょう。男性にとっては「経験人数=ステータス」になるのでしょうが、女性にとっては「それで?」といった感じです。というか、経験人数言ってくるなんて嫌。3桁といっても、どうせ大半はお店の子だろうし。「セックス上手アピール」する人の9割は下手くそです。

それでも、男性のどこか物腰柔らかい話し方に、好感を持った。寂しい目をしているのも気になり、もう少し会話を続けてみることにした。

 

 

私:今まで付き合ったことはありますか?

男:ちゃんとはいないかもしれない…あ、いや、何人かとはそんな感じになったこともあるんです。で、向こうも、やっぱり付き合うことを望んでいたと思うんだけど、なんとなく、そういう感じにならなくて…。

 

なんやそれ(笑)しかし、ヤッた人数は多いのに、交際したことがない人は案外多い。そしてそこには、何かしらの深い理由がある。興味があったので、少し掘り下げてみることにした。

 

私:そういえば、寂しい目をされてますよね。悲しいと感じることはありますか?

男:う~~~~ん、そうですね…日々仕事の繰り返しなので、つまらないという感じはありますけど…。

私:じゃあ、友だちはいますか?心から信頼できる友だちです。

男:普通に話す人はいますけど…そう考えると、いないですね。

私:1人もですか?

男:はい。

私:ちなみに、今おいくつですか?

男:33歳です。

 

33歳!? 10歳以上、年とった人に見えます。老けて見える人は、心のハリがありません。友だちは、なんでも話せる、心を許せる人が、1人でもいればいいんです。それだけで人生は全然違う。セックスだって、ただの気晴らしや刺激と思ってしているのでしょう。しかし、この男性は、私の質問に正直に答えてくれているし、その寂しそうな歪んだ目をどうにかしてあげたい。そう思った私は、私節で説教をしてみた(笑)

 

f:id:psylove:20170725014310j:plain

 

私:人生って、死ぬときが大切なんです。それまで楽しいことがあっても、死ぬときの状況が最悪だったり、自分を信じてやりきれなかったことがあると、全部ダメになっちゃうんです。反対に、人生でつらいことが多かったけれど、最後までやりきって幸福をつかんだ人は「あぁ 良い人生だった」で終わるんです。どちらが良いですか?

男:それは……後者がいいです。

私:そうですよね。何か、好きなことはあるんですか?

男:旅行が好きですね。色々なところに行くのは、楽しいです。

私:じゃあ、それをもっと楽しみましょうよ!他に好きなことも見つけて。心がわくわくすることをしないと、悪い意味の孤独を抱えてしまいます。セックスで心を満たそうとしても、それは一時的なことです。自分を満足させるのは、セックスだけではないのですよ!

男:確かに…セックスをしても、その後、むなしい気持ちになることが多いです。

私:まぁ、死んでから学ぶことのほうが多い人もいるので、それはそれで良いとは思うのですが、大丈夫ですかそれで?

男:なんか、深いですね…嫌です。生きてるうちに、なんとかしたいです。

私:それじゃ、こんなところでセックス相手探すよりも、自分が本当に満足できることを探してください。そして、信頼できる友人を作ってください。

男:はい、そうします…ところで、こんな時間にこんな所で、あなたみたいな、しかも女性で、会うなんて不思議でした…。本当、セックスとかはしないので…友だちになってくれませんか?

私:友だちは、なろうと言ってなるものではないですよ。また、縁があればお会いしましょう。

男:はい…なんか、セックスするときより、濃厚な時間を過ごすことができました。ありがとう!

 

この時、男性の目はキラキラしていた。新宿で終電を逃してしまい、お金がなかったので始発までぶらぶらし、疲れ果てていた私でしたが、朝から一仕事終えたような良い気分でした。

最後に男性がぼそっと

「心が満たされる時間って、セックスだけじゃないんだなぁ…」

この一言に尽きます。

 

 ゆか