集合的無意識に近づきたい

社会の底辺で生きる高齢ド素人が《ミスiD》オーディションに応募した経過を綴ります。面白ネタも書きます。

高齢ド素人がアイドルオーディション《ミスiD》に応募してみた

初めまして、ゆかと申します。

今年4月、芸能界やアイドルを目指したことのない高齢ド素人の私が、アイドルオーディション《ミスiD218》にエントリーしました。

 

ミスiDとは? ”世界にひとりだけの女の子”を探し、新しいスタイルのアイドルを輩出するユニークなオーディション。歴代のミスiDでは、女優・モデルの玉城ティナさんや、LADYBABYの金子理江さんが有名です。今年は、世間を賑わせたほのかりんさんや、AI(人工知能)の参加者が出場し、物議を醸しています。

 

そんなアイドルオーディションに、なぜ私は応募しちゃったのか?

 

……お金を稼ぐきっかけがほしかったからです(笑)

 

私は今まで、ブラック企業に3回就職し、心身ボロボロになって職を失いました。社会の底辺で生きることを余儀なくされました。それでも、私は負けたくなかった。底力を見せてやるとばかりに、苦しかった経験を昇華させるため、”漫画”を描きました。すると、その初投稿作品が、今年2月に集英社の女性コミック誌で期待作品賞をいただくことができました。

 

「私は、表現者として生きるべきなんだ」と希望のようなものが見えた時期に、《ミスiD》に出会いました。

 

さらに、今年のテーマが『ぼっちが世界を救う。』

8年間の暗黒ぼっち時代を過ごしてきた私にとって、「これだ!!」と直感しました。そして、6月に書類選考通過し、今月21日に2次選考を通ることができました。私は、ここにきてやっと、表現する場を与えてもらいました。

 

自立できるように、表現する手段を得られるように、誰かを励ますことのできる存在になるために。次の選考も、全力で進みます。その軌跡や、面白いネタなどを投稿していこうと思います。よろしくお願いします!

 

こちらが私のプロフィールページです↓ ぜひご覧ください♪

miss-id.jp

 

ゆか

 

にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター女性日記へ